AGA治療の基本

AGA治療の基本は、薬を服用して治療していくということです。薬を使った治療法は症状の進行を高い確率で防止する事が出来ます。薬を服用していく上での、メリットや副作用など詳しく説明したいと思います。

AGA治療はどんなことをするのか?

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという還元酵素が働き、ジヒドロテストステ(DHT
)ロンに変化し、これが毛乳頭細胞の受容体と結びつき、毛髪が十分に成長する前に抜け落ちるような作用をします。
さらに、皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴をふさぐことも毛髪の成長を妨げる原因となります。
AGAは進行性の物なので、そのままにしておくと、毛髪の量が自然に戻る事はありません。
AGA治療にまず用いられるのはフェナステリドという薬品です。
この薬は、5αリダクターゼという還元酵素の活性を抑制して、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する事を抑制します。
この作用により、フェナステリドはAGA治療として処方されるのです。
フェナステリドの効果が現れるのは、DHTがなくなってからDHTによって細く弱弱しくなっていた毛がぬけおち、太い毛を生やすテストステロンが毛乳頭にいきわたるようになりと効果が出始めますので人によって時期は違いますが毛が太くなり始める実感は早い人では3カ月くらい必要ですし、1年くらい使用すると、AGAが回復してきた実感が得られます。途中で、フェナステリドの使用を止めると、再びDHTが出来始め毛髪のサイクルが成長期に入ることができず、弱弱しい毛となり、抜け落ちが始まりますので、またAGAが出てきます。
AGA治療として、使用されるのは、他にミノキシジルという薬品があります。
この薬は、血管を拡張して、血圧降下剤として開発されたものですが副作用が強く、使用はされませんでしたがその臨床試験中に育毛効果が見られ、外用剤として使われています。
どのような効き方をしているのか詳しい事は分かっていませんがフェナステリドとは、効き方が異なるので、フェナステリドを服用しながら、ミノキシジルを利用すると、単独で使用するより、効果が高いことが分かっています。
AGA治療に最もすすめられることは、このフェナステリドとミノキシジルを併用する方法です。
その他の点ではAGA治療の専門病院に行くと、生活習慣の見直しからシャンプーのしようにまで詳しい指導が行われます。
これは、フェナステリドとミノキシジルだけを処方してくれる一般の皮膚科よりは発毛の成功率は高くなっています。
ただ、AGAを治療するために病院へ行くと、AGAは病気と分類されないために、健康保険は使えません。
したがって個人輸入でフェナステリドを手に入れる方法もあります。
ミノキシジルは薬局やドラッグストアで薬剤師から直接購入する事が出来ます。