AGA治療の基本は、薬を服用して治療していくということです。薬を使った治療法は症状の進行を高い確率で防止する事が出来ます。薬を服用していく上での、メリットや副作用など詳しく説明したいと思います。

AGA治療で代表的な治療薬の主な効果と副作用

男性にとってAGAによる薄毛が生じると外見に対する自信が失われ、それはいつしか内面の自信喪失にも繋がって、仕事や私生活の面でもどこか引っ込み思案になりかねません。これを打破するためにも病院でのAGA治療は欠かせないものと言えるでしょう。

病院でのAGA治療では一般的に、フィナステリドという成分を含んだプロペシアという錠剤、ミノキシジルという成分を配合した付け薬が処方されます。どちらもAGA治療の代表的な治療薬ですが、これらを使用する際には効果と副作用をきちんと理解した上で経過を見ていく必要があります。

まずプロペシアは、フィナステリドが頭皮にある5アルファリダクターゼという酵素の働きを抑えることで、これが男性ホルモンと反応してDHTという特殊な物質を作り出すのを阻止します。このDHTこそがAGAにおいて頭髪の成長を妨げる張本人とされており、この分泌量が減少することで一定の改善効果を得ることが出来ます。ただし、男性ホルモンの働きを抑制する効果を持っていることから、服用に伴って性欲減退、勃起不全が起こる可能性も指摘されており、さらに鬱症状や肝機能障害の発症例も報告されています。

一方、ミノキシジルという治療薬は頭皮にある毛細血管を拡張することで血流を増加させ、頭髪の成長に必要な栄養分を過不足なく補充できるようにする効果を持っています。ただし、こちらも効果と副作用を併せてみていく必要があり、たとえばこの治療薬は血管を拡張することで血圧を下げる作用が働きますので、万が一にも低血圧症状を抱えている人がいれば心臓や血管にダメージを与える可能性が生じます。また、発疹や眠気などの症状を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

こうしてAGA治療薬には効果と副作用があります。もしも異変を感じた時には使用をやめ、医師の診療を仰ぐようにしましょう。