AGA治療の基本は、薬を服用して治療していくということです。薬を使った治療法は症状の進行を高い確率で防止する事が出来ます。薬を服用していく上での、メリットや副作用など詳しく説明したいと思います。

AGA治療に利用される治療薬の種類とは

AGA治療は男性型脱毛症の治療であり、AGAの専門クリニックなどで治療を受ける事が出来ます。

男性型脱毛症は男性の薄毛で、20代から30代にかけての薄毛に悩む男性に多いとされており、遺伝子の影響を持つ事からも遺伝性の薄毛だと言います。

また、AGA治療に利用される治療薬にはプロペシアが有名ですが、プロペシアはフィナステリドと呼ばれる成分が主体となっており、フィナステリドと言う成分は前立腺肥大症の治療薬としても活用されていると言います。
因みに、前立腺肥大症の検査をこれから受ける場合などでは、プロペシアを服用している事を医師に伝えておくことが大切だと言います。

AGA治療に利用される治療薬はプロペシア以外にもミノキシジルが有名です。
幾つかの種類が有るのですが、プロペシアとミノキシジルと言う治療薬はともに医師の処方が必要な医薬品であることと、種類が異なると同時に作用が異なるのが特徴になっています。

プロペシアは男性型脱毛症の原因を作り出す5α-還元酵素を阻害する医薬品で、フィナステリドは5α-還元酵素阻害薬としての作用を持ちます。
また、ミノキシジルは血管拡張剤が主成分になっているもので、高血圧症の治療薬として利用される成分が含まれているのが特徴で、頭皮に直接塗布する事で育毛効果を期待出来る治療薬になります。

尚、プロペシアやミノキシジルにはそれぞれジェネリック医薬品と呼ばれている後発医薬品が有り、個人輸入代行を手掛ける通販サイトで購入が可能です。
そのため、先発医薬品と後発医薬品を合わせると多くの種類が有るのが特徴ですが、プロペシアなどの場合はAGA治療のみに有効な治療薬であり、他の薄毛に対する効果は有りません。